ビジネス英会話|二子玉川・大井町|bmcビジネス英会話スクール|挨拶,短期,電話,会議,テレカン,自己紹介,出張,通訳,商社,銀行,弁護士,SE,システムエンジニア

東京の英会話教室 校舎のご案内 初級者のための教室(東京都目黒区の自由が丘駅) 東京で語学力のレベルアップ・スキルアップ 自由が丘(東京都)の子供英会話レッスン 厚生労働省教育訓練給付制度コースあり ビジネス英会話の基礎能力・語学力チェック 教室に関するQ&A

ビジネス英会話|東京のbmc英会話スクール


まず今現在のレベルをしっかり把握する事が重要です。
ビジネスコースの中でもコースは二つに分かれます。

実践で使う仕事の英会話クラス 業務レベルのビジネス英会話を、もっと伸ばしたい方。
仕事で実際に役立つ英会話クラス これから仕事に英会話を活かしたい方のクラス

どちらに当てはまるかによって、短い時間で出来るだけの効果を上げられるようにしっかりとしたカリキュラムを個別に組んでいきます。

ビジネス英会話|東京のbmc英会話スクール


例えば一般的に、ホテルで働いている人にビジネス本を渡して生産性(productivity)とか雇用条件(a contract of employment)などの単語を覚えさせても今すぐには役に立ちません。ビジネス英会話と一言でいっても多様なジャンルがあります。現在専門的な分野で働いている方であれその職場で必要とされている一英会話フレーズを先ずマスターして仕事場で問題のないようにすることが第一歩です。それから英単語力をつけるというわけです。その為にはあなたの仕事の内容、その中でどのような英会話が要求されるのかを教えて下さい。

例えば、あなたの業種は?

  英語を使う仕事 サービス業
  ビジネス英会話を使う仕事 一般職
  専門英語を使う仕事 専門職
  コミュニケーション能力が必要な仕事 その他
業務でビジネス英語を使う女性の画像


職種によって必要とされている言い方、言い回しは違います。しかし皆が同じ市販のビジネス英会話本を使って教えられてはまったく実践で通用しません。ですからその職場にあった決まり文句、必要なフレーズ、良く使う英単語などのカリキュラムを決め、1レッスンの中でしっかり覚えていきましょう。先ずは今の職場で通用するビジネス英会話を提供します。

ビジネス英会話|東京のbmc英会話スクールページtopへ

ビジネス英会話|東京のbmc英会話スクール


英語の質問

下記の英文がわかりますか?

 

1.Where is Tom? He has gone.
2.My computer has been dead for five minutes.
3.Has the chairman been here yet?
4.There has been a call for you.
5.I have been made to work overtime for three hours.
6.I have given him all of my documents.

これが無理なく分かり、実際に使える方は次を訳してみましょう。

英語の質問

下記の日本語を英語に直してみましょう。

 

1.優先順位をつけて話してください。
2.正直なところ、この商品は日本では売れないと思います。
3.すみません。人身事故があって遅れました。
4.この仕事が終わるまで帰れません。
5.資料を集める時間の余裕がありません。

例えば英文で何故 There was a call ではなく There has been a call になるのかがわからない方はその理由をしっかり覚えていかないと、丸暗記になってしまい、毎回つまづいてしまう原因になります。Bの3番はナチュラルに言えましたか?
答えは I am sorry. There has been a suicide. になります。
この場合、皆さんは There is、There was はわかりますが There has been、There have been をしっかり違いから覚え、慣れるまで練習をして、ビジネス英会話としてナチュラルに言えるようにすることです。後は皆さんの知ってる単語をいかに入れ替えて応用していくかです。
従って、ビジネス2はしっかりと日常ビジネス英会話の基盤になる。

  Have been
  Is done
  Had done
 

バイリンガルスタッフの女性の画像

などを使って、流暢に話せるために必要不可欠なグラマーをマスターする事が、一番の近道だと私どもは思っております。
しっかり覚えたフレーズを理解した上で、英単語を応用していくのがベストなのです。
毎回テキストの英会話文を丸暗記したり、同じ言い回しで議論してもあまり意味がなく、いつまで経っても同じレベルから抜けられないのです。

一方でe-mail、電話、書類作成などの場合はフォーマットがありますので、そのフォーマットを使って内容を入れていくようにします。一度、レベルチェックのページで、自分がどの程度の英語レベルなのかをチェックしてみましょう。英会話は決して丸暗記すれば出来るものではありません。
先ず全ての質問や答えが出来るようになった上で英単語(vocabulary)、(Idiom)をしっかり覚えて、基本の形にあてはめていく事です。何事も順番(in order)が大事なのです。
先ず自分が何をやりたいのか、どうしたらいいのかをしっかり決めること。そして、その上でバイリンガルスタッフによるあなたにあった英会話プログラム(カリキュラム)を作成していくことが、とても重要なのです。

ビジネス英会話|東京のbmc英会話スクールページtopへ

ホーム自由が丘校紹介初心者コースビジネスコースキッズコースプライスレベルチェックよくある質問

無料体験コースお問い合わせEmployment教育訓練給付金指定校リンク